ぱんだこのひとり言

ここのところちょっといいことが続いたので、

なんだか大したネタのないこの2,3日はブログを書く気がおきませんでした(笑)

まぁ、そうそういいことばかりもありませんよね♪











ただ今、我が家はジェームズ・キャメロン祭りを開催中で、

エイリアンやら、ターミネーターやら興味のない映画ばかり観させられています(爆)

ああいうハラハラドキドキものは苦手なのだけれど、

これが意外にストーリーが面白くて、嫌々な気持ちはなくなりました(笑)

「I'll be back.」って一時流行った言葉、この場面で使ってたのねーと初めて知りました♪


















話は突然変わりますが、先週買った玉ねぎ。
b0221428_1337570.jpg

切ってみたら新玉ねぎでした♪

こちらでは、新〇〇と表示して売ってることが少ないのですが

大袋を買ったので当分楽しめそうで嬉しいです。

切るとジューシーで、食べても辛みが少ない。

これはアメリカ産なのですが、BC産もあるのかしら・・・。

















さて、先週久々に日本語を教えました。

使っている教科書は「げんき」っていうんですが、
b0221428_1053363.jpg

(最近改訂されて新しくなりました)

私好きなんですよねー、この教科書。

例えばこれ、
b0221428_14115737.jpg

受け身の練習なんですけど、

日本語を学んでいる子たちに「ちかん」なんて単語をこの段階で教える必要があるのかな?

とか疑問に思いながらもかなり笑える~♪♪















話はまたまた変わって、

実は今日は先月亡くなった友人の月命日で、丁度一か月がたちました。

小細胞癌の子宮原発という大変珍しい、そして転移しやすい危険な癌で

発病してから3年、遠く離れた日本からいつも元気でいることをずっと願っていました。

お正月に会った時は元気で二人で東京ドームホテルのランチビュッフェに行き、

蟹をたくさん食べたっけな・・とか、

2年前に鎌倉に二人で旅行した時はかつらをかぶっていて、それがなかなか似合っていて

ヅカファンの彼女に、「なんか娘役みたいだね~!」って言ったら、

「そうなのよー。意外にかわいくって気に入ってるの~!」って笑ってたな・・とか。

二人で行ったシャガールの美術館がとても気に入って、絶対また行きたいって

今度は一人でニースへ冒険旅行してから間もなく手術することが決まって・・。

あの時にすでに何か感じていたのかなぁ・・とか。

Facebookもそのままだし、メールアドレスだってそのままだろうし、

なんだかまだ信じられない不思議な気持ちです。

ブログを始めてからあまり人物の写真を撮らなくなったのですが、

最後に彼女に会った時も写真を撮らなくって・・・。

撮っておけばよかったな・・・。

これからはお友達との写真ももっと撮りたいなって思いました。

だって、後でアルバム見ても食べ物の写真だけでつまらないんだもの(笑)



















こんなしとしと雨の降る日はいろんなことを考えちゃいますねー。

そう言えば昨日、またガスタウンに行きました。
b0221428_12563892.jpg

時間があったのでNotturno Paninotecaでパニーニを。

b0221428_1256572.jpg

これ、メニューの一番下にあったblue cheeseのやつ(笑)

すごーくおいしかった♡























最後に、エリザベス女王の即位60周年祝賀行事が行われていたイギリスですが、

私、女王を見たことがあるんですよ~(自慢♪)。
b0221428_13245875.jpg

ちょっと遠めなんですけど、実際はもっと近かったですよ(笑)

なんてったって、田舎のCardiffでしたから、人もまばらでしたし。

でも私の隣に立っていた語学クラスの先生が、

「どうしてPrince of Walesを僕らウェールズ人が選べないのか納得がいかない」

とボソッと言っていました。

いろいろ事情はあれど、やっぱり王室・皇室はその国の伝統や品格が感じられて

私は好きだなぁ・・・。ただのミーハーだけど・・・。



フー助もウェールズ人ですが、ウェールズ語は全く喋れません(笑)

ウェールズの国花はdaffodils(そう、ウェールズは国なのです)。
b0221428_1356457.jpg

Cardiffにある公園中、らっぱすいせんになるんです~♡


そして特産品はLeekなんですよ~。
b0221428_13564245.jpg

photo by website
かわいいでしょう(笑)?

ここも雨が多いんですよ~。

よく考えたら私、いつも雨の多い所にばかり住んでるのね・・。
[PR]

by pandakoaki | 2012-06-13 14:05 | ひとり言 | Comments(14)

Commented by Piano at 2012-06-13 18:55 x
職場のカナダ人と飲み会をした時に、酔っぱらったカナダ人のひとりが私の隣にきて、背中に手を回してデニムの中に手を入れてお尻をじかに触られたことがあるの~っ!! それで、私はブチ切れて^^;思いっきり平手打ちして、「あなたは酔っ払いじゃなわ!ただのCHIKANよ!!」って怒って、”痴漢”という日本語を教えてあげたことがある( ´艸`) 

日本語のテキストにもいろいろあるよね~。
私たちが普段使わないような言葉が並んでいたりして面白い^^


身近な人が亡くなってしまうのって、なんかすぐに実感湧かないよねぇ。
私もデスクを並べていた先輩が卵巣癌で亡くなった時にはなかなかそれを受け入れられなかったなぁ。
癌が見つかってから一年で逝ってしまったの。
今年の12月で2年経つけど、未だに亡くなったという実感がないもの・・。
その先輩の携帯番号とかメアドもまだ私のアドレス帳の中には入ったままだし・・・。

・・・そっかぁ、ウェールズってUKを構成する国のひとつなんだね。またひとつお利口になったわ^^
リーキってポロネギだよね??
私、大好き♡ 日本だとなかなか手に入らないけれど。
イギリスではどんな料理にするの?


Commented by myawcat at 2012-06-13 22:24 x
言語を教えるときって、よりわかりやすくするために、絵は必要よね。それでも、私には、難しいかも。特に、最近漢字書くことなくなったし、微妙な言葉の違いって、どう教えたらいいのって思っちゃうわ。外人さんには、擬態語が難しい、って聞いたことあるけど、これぞ、絵があった方がわかりやすいよね。

亡くなったお友達、気丈に振る舞っていたのね。素晴らしいわ。そんな素晴らしい友人を失うって、財産が減った気がするよね。

イギリスに留学したかと思ったら、友達ができなくて、1年であきらめて戻ってきちゃった子がいたわ。イギリス人の気質、ちょっと、理解に苦しむかも、まして、ウェールズで合唱まで参加して、能動的な活動をしていたakiさん、さすがだわ。

10時半、もう眠いわ(笑)
Commented by maricontinental at 2012-06-14 01:45
ちょっとご無沙汰してた間に色々とあったのねー。。。
親しい人をなくすことって本当に堪え難いことです。


コンド見つかったんだね!おめでとう。
住む場所を替えるって生活がリフレッシュされていいよね。
修理、、、グッドラック。
Commented by shiba at 2012-06-14 07:45 x
こんにちは!なんだか他人事とは思えず思わずコメントさせていただきました。
私も去年は義母と母二人を亡くしたのですが、いまだに実感がわきません。その前にも一番の親友が30代で脳梗塞で倒れたときの怖さとか不安とかは今思い出すだけで震えがきます。もっと歳を重ねていけば、もっと死に対しても覚悟ができてくるのかもしれないですが、でも親しい人間の死は考えさせられるものがありますよね。

それにしても、痴漢、、、、笑っちゃいました~。
誰がこの掲載のgoを出したのか(笑)
説明する方も笑っちゃいますよねー。
Commented by pandakoaki at 2012-06-14 12:54
Pianoちゃん、
その節はカナダ人が粗相をいたしまして、すみません(笑)
でも、平手打ちしたのね。かっこいい~!
そうね、なんか日本語独特の言い回しとか難しいよね。
そう、pianoちゃんも先輩のことブログで話してたよね。しばらく会ってないと、余計にいなくなった実感がわかないよね・・。
ポロねぎ、日本語でそう言うんだよね。お料理教室では、おっきいので茹でて開いて中に何かを入れて巻いた気がするよ。あと、ポトフみたいなスープに入れたりしてたなぁ。
Commented by pandakoaki at 2012-06-14 13:04
catさん、
でもさぁ、catさん、尾びれとか背びれとかネイティブでも知らないような単語も知ってたよね。びっくりしたよ、もう。この人、何者?って(笑)
うん、帰るたびに一緒に遊んでたから寂しくなるよ・・。
後学のためにって甥っ子さんにも傷口見せたりしたんだって。私が見てる限りではそんなメソメソしたとこはなかったよ。
うん、アメリカから引っ越してきた日本人家族が「アメリカはウェルカムって感じだったけど、イギリスはねぇ・・」って言ってたよ。でも、私はいい人に恵まれてラッキーだったな。ウェールズだったからかな、とも思うけど。
寝てください(爆)
Commented by pandakoaki at 2012-06-14 13:06
mariちゃん、
人生、いろいろあるね。
自分の親も年取ってきてるから、いろいろ考えちゃうよ。
今の所からそんなに離れていないからまた遊ぼうね~♪
Commented by pandakoaki at 2012-06-14 13:15
shibaさん、
ようこそいらっしゃいました。
どなたかのブログのコメント欄でお名前を拝見したことがあるのですが・・。
昨年、お二人もお身内を亡くされたんですね。さぞや大変な時期だったことでしょう。同年代の友達を亡くすとまた親を亡くすのとは違った意味でショックな気がします。
この教科書、可笑しいでしょう?私はいつも深く突っ込まないでスルーしています(笑)
ブログとかされてるのですか~?バンクーバーにお住まいですか~?もしかして私の知ってる人かしら?いろいろ聞いちゃってごめんなさい。
また、コメント待ってまーす♪♪
Commented by colza at 2012-06-15 12:07 x
あ、新タマネギみつけたのですね〜。いいな〜♪
やっぱり夏なんだね、新タマネギは。
ウェールズが国だなんて知らなかったのよね。イギリスだと思ってた。イギリスってグレートブリテンとか、UKとか、イングランドとかわけ分からないのよね〜
Commented by pandakoaki at 2012-06-15 13:14
Colzaちゃん、
うん、でもどこで買ったか覚えてなくて・・(笑)
コストコかChoice'sだと思うんだけど。かなり記憶力が衰えてるわぁ。
うん、ウェールズ人はケルト人、イングランドはアングロサクソン人、スコテッシュはわかんないけど(笑)、人種からして違うんだよね。私も知らなかったわ~♪
Commented by orangeleaf-an at 2012-06-20 14:23
この間、お話きかせてくれたお友達よね。
そういう親しい友人とのお別れはとても辛く淋しいね。後で気付くのだけど、写真であったりとか、過ごす時間とかをもっと持っていたら良かったって思ったりするよね。私も、ブログしてからは人物写真が少なってしまってる気がするもの。

それにしても、テキストのちかんっていうのに、笑ってしまったよ。
色んなこと教えるもんねー。

同じshibaさんなら、私のブログにも時折コメントをくれるかたと思う。
お目にかかってみたいって思わされる素敵な方って印象です。

Commented by pandakoaki at 2012-06-20 23:59
橙葉ちゃん、
そうなんだよ。なんか、お友達との写真とかって照れくさいのもあるし、ブログに載せる写真のことしか考えてないと食べ物とか景色ばかりで・・。彼女と前々回会ったのが鎌倉だったんだけど、あの時も二人で写真撮るの忘れて、結局最後に東京駅の改札で撮ったの。しかも携帯で。もう、何やってんだかって感じよ!
shibaさん、会ってみたいね~。どこにいるんだろうね~(笑)
Commented by sachie at 2012-06-28 14:23 x
げんき。その本は、ウチの息子にも良いでしょうか?
私にも教えられるかな?最近、日本語の語彙が増えなくて彼…ちっとも覚えられません。d(>。<
“写真とれば良かった。”って、いつも過ぎてから思うんですよね、なんでその時に気づかなかったんだろう。って毎回後悔する。。。
ジェームスキャメロン祭りなら、タイタニックもあるし、アバターが締めですね。d(^。^)笑
Commented by pandakoaki at 2012-06-29 13:37
sachieさん、
うーん、息子さんは喋れるので文法を外国人のように勉強する必要はないですよね。息子さんにはやさしすぎるかも。「げんき2」からでいいかもしれません。遊びながら日本語を学んで、もうちょっと大きくなったらJLPTとか受けるとすごくいいと思います。あ、でも日本での学校生活も体験させたいんでしたっけ。ハーフである大変さもあるけど、それを強味にして頑張ってもらいたいですよね。
うん、写真て照れくさいけど、後で見るとすごく懐かしいですよね。
はい、アバター、もう一回見たいな。日本語の字幕で(笑)