この夏気になった海の色

今年の夏はお客さんを連れて海に行くことが何度かありました。





まずお義姉さん一家を連れてBurnaby Marine Parkへ。

ここは以前住んでた場所に近いので、よく行ってました。

夏になるとBBQをしたり、泳いだり、バレーボールなんかしたりする

家族連れや若者のグループなどで賑わうところです。

結構中国人の大家族なんかが多いかな。

ところが行った日はがらんとしていて人が少なくてビックリ!

時間が遅かったせいもあるのかもしれないけれど、数人が釣りをしているくらいでした。

でも、海を見たらちょっと血の気が引いた。
b0221428_02595485.jpg
水の色が赤いんだもん。???....。どうしちゃったの?

オイル会社に勤めてるお義姉さんが、ディーゼルじゃないかと言ってました。

遠くに見えるタンカー、日本のです。

今までも何度も見たことある同じ船。

この近くでオイルを積んで日本に帰るんでしょうね。

結局、オイルを積む時にいくらか海に漏れて流れ出てしまう。

それが海を汚す原因なんだと思われます。







そして、お義母さんを連れて行ったポートムーディにあるRocky Point Park。

ここも大好きな公園の一つ。

Burnaby Marine Parkよりももっとinlet(内海)に入った、言わば内海の突き当たり。

湾みたいな感じですね。
b0221428_03011265.jpg
ここもBurnaby Marine Parkほどではないけれど、目を凝らして見ると赤い。

b0221428_03130355.jpg
わかりますでしょうか?

やっぱりショックだった。あー、この先どうなっちゃうのかなって。





そしてその後、お義母さんにサンセット・ディナークルーズに連れて行ってもらいました。

スタンレーパークから出る約2時間半のコース。

コールハーバーを周ってからスタンレーパークをぐるりと周って、グランビルアイランド

からFalsekreekまで行き、また元の場所に戻って来ます。

9時にはスタンレーパークの大砲も聞ける+見えます。

そのスタンレーパークの向こう岸、ノースショア沖に黄色い山が見えました。
b0221428_03293170.jpg

これが以前、同窓生の会で先輩が話していたsulfur(硫黄)だ!ってすぐわかりました。

インドや中国に輸出して、丸薬として使われるそうです。




なんだか一度気になったらいろいろ心配になってきて、

あー、このまま行ったら海は一体どうなってしまうのかなぁ....と思ってしまいました。

アルバータからバンクーバーまでパイプラインを通すのに反対運動が起こっていると聞いたけれど、

確かに自然破壊につながるような開発はよくないね。

でも、アメリカで石油が獲れるとわかった今、

パイプラインを通してアメリカ以外の他の国に輸出する道をしっかり確保しなければ

将来のカナダ経済はかなり難しい状況におかれてしまうだろう......ということで

どちらをとっても大きい代償を払わざるを得ない厳しい選択になるのでしょうね。





この夏、美しい自然を眺めながらちょっと心配になった事でした。






[PR]

by pandakoaki | 2014-09-12 03:39 | ひとり言 | Comments(2)

Commented by Piano at 2014-09-13 00:03 x
写真だからよく分からないけど、オイルではなくて赤潮なんじゃないかな~・・・。オイルだったら水と分離するはずだからぎらぎら浮くものがあるよね?
この感じは赤潮の発生のような気がする?今年の夏は暑かったりしたのかな?

それでも、赤潮も海水汚染が原因だものね。
心配になるね。

Pianoも東京湾なんかの汚い海水はまともに目をむけられません(/_;)
Commented by pandakoaki at 2014-09-13 02:43
Pianoちゃん、
私も赤潮?ってちょっと頭をよぎったの。テレビで見た赤潮はもっとはっきり海面に浮いてる感じだから違うのかなって。それで、ディーゼルって石炭みたいなのかなぁって思って、だから油が浮かないのかなぁって思ったんだけど、言われてみれば赤潮で正解だよ!さすが!!
うん、今年の夏は暑くて、それに湿度も高かったの。赤潮は富栄養化のせいって言うよね。うちの地元の霞ヶ浦もそうだった。やっぱり海が汚れてるのは確かだよね。寒くなってまたきれいになるといいな♪
そうそう、汚れが淀んでるとこなんて見た目にも汚いし、臭いもキツイよね。これまた霞ヶ浦で経験済み〜(笑)