今年ももうそろそろ.....

日本では大晦日の朝を迎えようとしていますね。

こちらはまだ30日の夕方ですが。

置いてきぼりにならないように、今のうちに今年最後の記事を書こうと思います。

え、なんでここへきて記事をたくさんアップしているかって?

だって、暇だから〜(笑)





なんかここ(カルガリー)にいると、クリスマス終わってから大晦日まではやることないんだよね。

家にいれば掃除したりお料理作ったりできるのにな....。

ちょっと来年は考えなきゃいけないね、って言いながら毎年過ぎてゆく。

今はフー助はお兄さんとランチに行ってて、お義母さんはお料理しつつ

洗濯やら着替えやらしてる。



私は、次回の演奏会の楽譜を開いてみました。
b0221428_07053047.jpg


メンデルスゾーンのエリヤ。英語ではイライジャって呼んでます。

私の苦手な英語の曲だぁ。只今、歌詞をお勉強中。





さて、今年は災害に見舞われた我が家。

フー助のレーシック失敗の為に、1年の半分近くを棒に振りました。

会社からShort term disabilityというお休みをもらわなきゃいけないほど

生活を回すのが困難になってしまって...。

一時は彼を1人で家に置いておけないくらいの状況だったので、

私もほとんど働けず、on callで行ける日にちょこっと働いたくらい。

TexasにあるGrapevineにはスペシャルレンズを作りに行ったのでした。

幸い、レンズでの矯正がうまくいって、これなら普通に生活していける!

という自信をやっと持てたところです。

年末ギリギリになってやっと未来の希望が見えて、

明るい気持ちで新年を迎えられること、とても感謝しています。






バンクーバーでもたくさんの人に助けていただきました。

その1人、眼鏡屋さんのIvanを紹介したいと思います。
b0221428_07245393.jpg
元々は、私がコンタクトレンズを購入している眼鏡屋さんなので

もう4,5年のお付き合いがあります。

私たちがどこのドクターに診てもらったらいいか皆目見当がつかない時に、

いろいろ情報をくれてバンクーバーいちのドクター達に診てもらうことができました。

ご自分でビジネスを始める前はChildren Hospitalに勤めていたので、

大人はもちろん子どもの眼の矯正なども経験豊富ですし、

バンクーバーの眼に関することならあらゆる情報、知識を持っています。

そして何より、丁寧で優しくて諦めない!という、人柄が抜群。

いろんな眼科やスペシャリストを周った後、

結局ハードコンタクトで矯正するのが最良ということで彼のところに戻ったのですが、

いつも時間をかけて嫌な顔をせず話を聞いてくれ、相談にのってくれました。

フー助は完璧主義者なので本当に面倒臭い顧客だったと思うのですが、

本当に根気よく付き合ってくださいました。

彼がいなかったらもっともっと追い詰められていただろうな、と思います。

b0221428_07252148.jpg
場所はノースバーナビーのケンジントンモールというところにある

In Sight Opticalというお店です。

コンタクトも眼鏡の矯正もどちらもやっているので、

もし信頼できる眼鏡屋さんをお探しでしたらぜひ!!

価格も良心的ですし、ソリューションなどのサービスもしてくれますよ。







ということで、私的には2014年はとっとと終わらせて

気持ちを切り替えて新年を始めたい、という気分です(笑)

2014年の最後の望みは紅白歌合戦を見ることですね。

でも無理だなぁ。

Youtubeに何かアップされたら観ようと思います。

あ、そんな訳で家にいる時間が長かったのですが、

ふなっしーや神田沙也加ちゃんやローラをYoutubeで観て笑って

いっぱい元気をもらいました。

芸能人の力というのはこういう時に発揮されるんだなぁって改めて思った

2014年でもありました。





いろいろ愚痴を聞いてくれたお友達、

気が紛れるように外に連れ出してくれたお友達、

心配してテキストやメッセージをくれたお友達、

皆さんに感謝です。

来年はこのお返しが少しでもできるようにフー助共々頑張ります。




それでは皆さま、よいお年をお迎えください♡















[PR]

by pandakoaki | 2014-12-31 07:53 | ひとり言 | Comments(10)

Commented by Cecile at 2014-12-31 09:20 x
カルガリー,-30℃とニュースで見て凍っていないかと心配してました~。元気そうで何より。そしてフーさんの朗報も。
目の病気は手足の怪我等と違って神経質になるもの。信頼できるIvanに出会えて本当によかったね。

Wishing you hope, health and healing.
Commented by keiko at 2014-12-31 12:24 x
大晦日だよぉ~~~、今年は、お父さん、9連休で、本格的に家の大掃除ができると期待してたのに、結局、いつもと同じ、だらだらして終わてしまうわ。

フーさん、回復兆しが見えてきて、本当に良かったよね。良いコンタクト屋さんに出会えたのも、akiさんだったからだよ。

歌の練習も、また始まるのね。英語の歌が苦手って、意外だわ。なんで?何語がいいの?コンサート行けないのが本当に残念だよ。ここんとこ、ちょっと、音楽に飢えてるのよね・・・。

先日、ご挨拶済ませたけど、改めて、、、良いお年をお迎えくださいまし。
Commented by ユキ at 2014-12-31 20:39 x
今ね、紅白見てるよ。(笑) 知らない人ばかりだけど、大晦日は紅白しかやることなくて、、。紅白よりも、終わってからのゆく年くる年の方が、好きなんだよね。全国のお寺とか見れて、心が落ち着く。

今年は色々あった年だったね。色々あった次は、色々ない年になると思うよ。
今年は会うと体の不調の話が多かったけど、来年はお互いに元気な1年にしたいね。来年も遊ぼうね。よろしくお願いします。
Commented by Piano at 2015-01-01 01:38 x
レーシックって怖いね・・・。手術がうまくかいかなかったことでよく見えない不便さだけではんかうて、メンタル的なダメージを背負ってしまうことが大きいよね。
でもふたりで乗り越えたのね。よかった。
来年はきっとよい年になることをお互いに願いましょう^^
どうぞよいお年を゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+
Commented by pandakoaki at 2015-01-01 08:58
Cecileさん、
今年の冬のカルガリーはかなりマイルドで助かってます。でも、一度お義兄さんの犬の散歩に付き合ったら五分と外に立ってはいられませんでした。
Ivanはバンクーバーっ子で近所の人にも愛されてる本当にいい人。バンクーバーいちの名医たちはCecileさんの職場の近くにオフィスがありました。やっぱり場所柄ですね。ホント、眼は脳と直接繋がっていて体の表面に露出している唯一の器官だそうで、脳に対する影響も大きくて改めて怖いなぁって思いました。鬱にもなるし、物忘れが激しくなったり、物事をきちんと考えられなくなるんですよ。フー助はまだ回復できる範囲内の症状でラッキーだったなぁと思います。
Commented by pandakoaki at 2015-01-01 09:04
Keikoさん、
日本は今回いっぱい休みがあってよかったね。旦那さんゆっくりできるといいね。毎日通勤大変でしょう...。
お陰様でなんとか平常に戻れてホッとしてます。あとは、太っちゃったからまた運動だね。いろいろ愚痴聞いてくれてありがとうね。
歌ね、本当は辞めようかどうしようか迷ったんだけど、取り敢えず今シーズンまでは頑張ろうと思って。英語ではほとんど歌わないので慣れないのよ〜。それに英語だとメロディに歌詞を無理矢理押し込んでるところがあってなんかしっくりこないの。ミサ曲はみんなラテン語だからラテン語が一番楽チンなんだよー。私も音楽に飢えてる。演奏会行く機会がなかったもん。五嶋龍君来たのに行きそびれたー!
Commented by のせぞ at 2015-01-02 05:44 x
明けましておめでとうございます!
去年は色々とフー助さん災難があったみたいだけど、ずっとそれを支えてあげてたぱんだこさんも偉いなぁって思ってました。
でも、ほんと回復の兆しが見えてきたみたいで良かったですね。
眼の疲れから頭痛や肩こりになったり、精神的にイライラしたり落ち込んだり・・・と普段普通に見えているときはその有り難さに気づかないものですよね。
今年もどうぞ宜しくお願いしますね。
Commented by pandakoaki at 2015-01-02 12:15
ユキさん、
紅白、神田沙也加ちゃんと中森明菜と松田聖子だけYoutubeで見たよ。Frozenすごくよかった〜!感動して泣いたわ♪
ホント、25年ぶりくらいに地獄を見た年でした(笑)でも終わってみればなんだったの??っていうくらいアッサリしていて、今はあんまり覚えてないの。人って嫌な記憶は無意識に忘れようとしてるのかなって思う。そうだね、何にもない年って平凡でいて実はとても平和でハッピーってことだよね。来年はそうなるといいな。
私、大晦日にヨガのチケット買ったわ。今年は行動的に頑張るわよん。うん、今年も遊ぼうね!私、職場がまたノースバンになるかもしれないから、そしたらまたちょこちょこ寄れるわ〜。
Commented by pandakoaki at 2015-01-02 12:22
Pianoちゃん、
そう、レーシックって失敗すると精神的ダメージがすごく大きい。ま、眼はいつも見なくちゃいけないから、そこに不都合が生じると気をそらすとか忘れるとかって難しいんだよね。しかも、脚とか腕がないとかだと見た目にわかるから、周りの人の理解もしてもらえるけど、目って見た目にわからないからどうしてそんなに落ち込んでるのかわかってもらえないっていう辛さもあって。私でさえも、この人視力より精神的なダメージの方が強いんじゃあって思って、言ってることを本気で心配したりできない瞬間もあったの。日本でも訴訟が始まったみたいだよね。1人でも多くの人の眼が回復するといいなぁって思うよ。
Pianoちゃんもいろいろ乗り越えて頑張ったよ。今年はいい年にしようね♪
Commented by pandakoaki at 2015-01-02 12:28
のせぞさん、
なんか普段健康だと、それを失って初めてありがたみがわかるよね。今回のことで眼は本当にこわいって思った。お陰様でなんとか最悪の状況は脱したのでよかったです。のせぞさんにはドタキャンした私の代わりに映画に行ってもらったりしてご迷惑をおかけしました。でも、お陰でお知り合いになれて嬉しかったです。今度お会いする時はもっと明るいネタを提供できるようにしますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します♪