2014年 09月 13日 ( 1 )

母と叔母のカナダ日記



9月3日から10日までの一週間、母と叔母の珍道中を記録に残しておきたいと思います!

75歳と77歳のおばあちゃんコンビ。

でも、年上の叔母の方が積極的で行動的です。彼女なしで来加の決断はできなかったかと....。

まず、エアカナダでバンクーバー国際空港にご到着。

彼女たちがゲートから出てくるのを見た時はホッとしましたよ〜。

でも時差ボケもなく元気だということで、ダウンタウン方面へドライブ。

母は脊椎側湾症という病気なのであまり長い距離は歩けません。

なので、DTで数少ない駐車場が無料なWhole Foodsでお茶しました(1時間だけだけどね)。

その後は、スタンレーパークを車でひと回りしてからTamaさんへ。

納豆や蒟蒻、小松菜などを買い込んで家路につきました。






次の日はビクトリアに一泊の予定で出掛けました。

朝の10時半くらいかな、ゆっくり家を出てTsawwassenのフェリーターミナルに向かいました。

フェリーに乗ること2時間、ダウンタウンまでは車で30分くらいかな。
b0221428_13121550.jpg


駐車場見つけるの大変だったけどなんとか近場にゲット。

戻ってきたら5分くらい遅れちゃったみたいで、

「時間が過ぎていたので15分足しておきました。1時間無料券も差し上げます」

って、駐車券がフロントガラスに挟んであったの!

なんていい街、ビクトリア☆

b0221428_09491497.jpg
夜もきれいな州会議事堂です。









次の日はお約束のブッチャートガーデンに寄って帰って来ました。
b0221428_09315888.jpg
美しいsunken garden。


b0221428_09350070.jpg
アフタヌーンティーもしっかりいただきました。

b0221428_10515556.jpg
帰りのフェリー、気持ちよかった〜!
b0221428_10511981.jpg
これからビクトリアに向かう船とすれ違い〜。


b0221428_10542295.jpg
遠くにうっすらとマウントベイカーが。
















次の日はファーマーズマーケットとガスタウンを散策。

夜はコンベンションセンターにある海の見えるパブで一杯。
b0221428_09410623.jpg
ノースショアがきれいに見えます。














そして次の日はウィスラーへ。
b0221428_09435252.jpg
目的はこれです。Peak to Peak。


b0221428_09424378.jpg
初めて乗ったけど、ちょっとこれはなかなか体験できないゴンドラだね。

スケールが全然違う!!


b0221428_09461367.jpg
頂上はこんな感じで、カフェやお土産屋さんもあります。


b0221428_09473963.jpg
いやぁ、ビックリしました。すごいパノラマ。絶景でした!



次の日はWhistler Villegeでお買い物したり、Lost Lakeに行ったりして家路に着きました。






明けて最後の丸一日観光はグランビルアイランドへ。

ボートに乗って得意のFalsekreekへ。
b0221428_10572601.jpg
ティスティングビールを半分こして写真を撮る2人。



最後の夜はダウンタウンに宿を取ったので、夕食は歩いてこちらへ。
b0221428_11390329.jpg
炙り寿司。

あまり重いものばかり食べられないので、ちょっと日本では食べられない創作寿司

なんていいかなぁと思って。

2人ともとても気に入ってくれました。

b0221428_11391667.jpg
そしてヒットだったのがデザート。

噂には聞いていたのですが、デザート専門のシェフがいるそうで本当においしかったです!



シーフードが食べたい!ということでこの一週間は

ローカルの牡蠣やマッスル、オヒョウに帆立にロブスターと海の幸を楽しみました。

ステーキも一度だけ三等分して食べましたけど(笑)

家で食べた時は、日本食やビーツやターキー、ブルーベリーやお義母さんのサモサなど

あまり日本で食べないようなものを食べましたよ。

フー助の目の調子がよくなくて、私がずっと運転していたので

2人が帰った後は暫く運転したくないなーなんて珍しく思いました。

兎にも角にも、全てが滞りなく進んだのでホッとしました。





2人が「花子とアン」を毎日観ていたのですが、

丁度戦争前に「赤毛のアン」の本をカナダ人教師から手渡されるシーンをやっていて、

それをカナダで観ていることに3人共不思議な感覚を覚えました。

2人が帰ってからも引き続き観ていますよ♪






母親の体を思うと今度はいつ?があるかどうかわからないので、

今回、思い切って来てくれて本当によかったって思います。














[PR]

by pandakoaki | 2014-09-13 12:20 | out of vancouver | Comments(10)