<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Guu GardenとSKYFALL

久々に会ったお友達とGuu Gardenに~!

初めて行きました。3階にあるとは思わなかった。ちょっとわかりづらいのね・・。

b0221428_1573925.jpg

温玉とトロロでマグロユッケ丼。

あ、温泉卵のせて写真撮るの忘れたわ~(笑)




b0221428_1553651.jpg

お友達のMISOかつ丼。

がっつりメニューですね~♪







その後は、AlberniにあるJJ Beanへ。
b0221428_15101935.jpg

ラテを飲んでまったり・・♡

b0221428_15141729.jpg

ここ、2階席もあって、広々していてよかった~。










夜はフー助のお供で、007を観に。
b0221428_1516957.jpg

スクリーンで007を観るのは初めて♪

っていうか、父や兄も好きだったけれど、一度も観たことなくって

フー助に会ってからシリーズ1から観させられました(浜美江のも観たよん)。

今回の007、久々の公開とあってかなりリキが入っている作品でしたねー。

全然飽きずに2時間13分楽しめました。

初代007のジョークとか出てくるんですけど、そういうところはあんまりわからなかった・・。

オリジナルアストン・マーチンが出てきたんですけど、

みんな「おぉ~~~~!」と唸ってたりして、笑えました。



ダニエル・クレイグは私の好みではないし、

「ちょっとボンド役には年取ってんじゃないの~?」って思ったのですが、

調べたら私とあんまり変わらないじゃないの~!!

じゃあ、あと2本頑張ってもらいましょう~(笑)








あと今回よかったのは、ジュディ・ディンチねー(あの悪役のスペイン人もよかったけど!)。

彼女の皺のある表情がすごく美しいと思った・・・。

女優は皺で演技するのねー、って思いました。

オードリー・ヘップバーンも晩年の皺が刻まれた顔がすごく綺麗だと思った。

今の女優さんの表情は綺麗過ぎて(人工的すぎて)不自然で・・・。

人間、年を取ることを恐れてはいけませんね~。
[PR]

by pandakoaki | 2012-11-25 15:35 | おでかけ | Comments(8)

明日は第九

前回の演奏会から一週間経って、明日は第九の演奏会。

今度はVancouver Academy of Musicのプロテジェーって言うのかな、

将来有望な若者たちがオーケストラを組んでこの難曲に挑むそう。

私の聞き間違いでなければ(笑)、平均年齢12歳だとか!

そんな子どもが第九を演奏できるなんて、これは楽しみ♪

私たち、歌のおばさんとおじさんも頑張らねば。





前にも書きましたが、第九はいつもソプラノパートが足りなくてそちらに駆り出されて、

アルトは歌ったことありません。これが初めてのアルト。

なので今週は仕事のブレイク中もずっと音取り、音取り、音取り・・・。

一体、本業はなんやねん!!って、自分で自分につっこみ入れたくなるくらい(笑)

それにしても、歌う個所はたったの15分くらいなのにこれだけ疲労する曲も珍しいよね。

っていうか、年とともに高い音が出なくって苦しい・・。

でもまぁ今日は5時間くらい練習して、なんとか本番でも恥ずかしくないくらいのレベルにはなったかな。

第九は合唱人ならほとんどの人が歌ったことある曲なので、

みなさんの胸を借りて、楽しんで歌いたいと思います。




チケットはほとんど完売と聞いていますが、

もし興味があったらこちらのサイトを覗いてみてください。
(前の日でごめんなさ~い・・・)











第九が終わったら、クリスマスコンサートがあって、その後にEl Ninoがあります。
b0221428_12154921.jpg

エル・ニーニョはJohn Adams作曲の宗教曲。現代版メサイアなんだそうです。

彼が作曲したNixon in China、昨年メトロポリタンオペラでも初演されたようですが、

一幕で満席だったのが二幕、三幕と進むうちに聴衆が減っていったとか。

息つく暇がなくとても疲れた、という感想も・・・。











El Ninoも同じで、不協和音、同じ言葉の繰り返し、息つく暇のない心地悪い音楽(笑)

は?なんでこの作曲家がピューリッツァ賞とかグラミー賞とか取ってるの??

確かにお利口そうだけど。そして、オリジナリティはあるのかな。

他と違う今までに聴いたことのない曲。

歌っていてとても苦痛な音楽。みんなも同じように思っているっていうのが手に取るように分かる。

それを当然感じ取っているLeslieから檄がとんだ前回の練習。

12月15日の演奏会は、El Ninoのカナダ初演。みんなが注目する演奏会になるだろう。

ロンドン公演で歌ったソリストを招聘している。

Adamsと契約取るのに2年もかかった。これは大きなチャンスだ!

我々にはこれができるってわかるからやることにした。

だからそれを一人でも多くの人にアピールして欲しい、等々・・・。







檄がとんだ後の休憩でトイレの順番を待ちながら皆が喋ってた。

「私達はまだcornerを曲がってないのよ。だから、この曲を歌う自信もないし

みんなに来てねって言える段階にもいないのよ」

そうだよね~、うーん・・。






実は私、全曲を聴いてさえいないの~(爆)だって、Youtubeにないんだもん。

みんなi-tuneでダウンロードしているらしい。私も買わないといけないかな・・・。

そう言ったら一人が、

「絶対運転中に聴いちゃだめよ。私、ぶつけそうになったの!あれは車の中で聴く曲じゃあないわ!!」だって。

一体、どんな音楽なんだ~!






私はやっぱり合唱には保守的で、コンテンポラリーは苦手。

(あ、同じ現存のジョンでもJohn Rutterは好きだな~♪)

そうは言っても、練習しているうちにおもしろくなってきたり、好きになったりすることもあるから

チャレンジはしたい!

ただ、誰かの名声のためとかに利用されるのは嫌だなぁ・・。

El Nino、どこまで好きになれるかなぁ・・・。





と、ぱんだこの独り言でした。

でも、明日の演奏会は楽しみ~♡♡♡




今夜はスタミナつけるのにステーキ食べたよ!
b0221428_12214798.jpg

お野菜は私担当。お肉はフー助担当。なかなかよいコラボレーションでした♪♪
[PR]

by pandakoaki | 2012-11-18 12:22 | ひとり言 | Comments(12)

ウィスキー・テイスティング

お酒の飲めないぱんだこですが、

フー助のお友達のお誘いでウィスキー・テイスティングなんぞに行ってみました。
b0221428_15303093.jpg



場所は、行ってびっくり!あのFumiさんがシェフをなさってる会員制クラブ

Terminal City Clubでした。










6時からだったのでフー助に仕事場まで迎えに来てもらって、車の中でお着替えしたのですが、

フー助が、「なんか今日のとこ、すごいposhみたいなんだけど。僕たち大丈夫かな??」

なんて言うので、道中心配になってしまった私達。

「それで場所はどこなの?」

「えっと、会員制クラブだって!」

「Hastingsの?」

「そう」

それでもう、Fumiさんがお勤めしている所だとピンときました~。

って、Fumiさんには以前Osamuで一度お会いしただけなんですけれどね・・・。









ま、なんやかんやで遅刻したと思ったら、お友達は誰もまだ来ていなくて、

来たら来たで、

「僕、ウィスキーあんまり好きじゃあないんだよね~」とか、

「私、ウィスキーなんて飲んだことないの~!」とか言ってるのでほっとしました。

服装もジーンズにキャップの人もいたので全く問題なし~。さすがバンクーバー(笑)








b0221428_15415610.jpg

えっと、このキルトを着たスコテッシュのおじさんがこのGLENLIVET

アンバサダーで、世界中旅してウィスキーを熱く語っているんだそうです。

ほんと話が長くって、最初はがんばって聞いてたけど途中から集中力が途切れました~。

でも、他の人もそうだったみたいで携帯いじったり写真撮ったりしてやりすごしてました(笑)










b0221428_14465212.jpg

テイスティングのテーブルはこんな感じで、一席ずつ3種類のウィスキーが並べられています。

b0221428_14483942.jpg

今回はお料理とのマリアージュということで、ウィスキー毎にお料理がサーブされます。

そのお料理を期待していた私達、説明が長くってお腹ぺこぺこでした(笑)







b0221428_14521698.jpg

18年物と一緒に食すお料理は、バイソンのカルパッチョ、ペアとローストカリフラワー添え。

この18年物が一番香りが高かったです。でも、飲むと濃すぎる~~~。





b0221428_14542792.jpg

21年物にサーブされたのはラム・ロースト。これ、すごーくおいしかった~♫

やっぱりラム、大好き~♡

ウィスキーは、舐めただけでビリッときました。こんなの飲めない(爆)









b0221428_14564742.jpg

最後のSingle Caskとかいうウィスキーと一緒にサーブされたのはチョコレート。

このウィスキー、舐めたらびりびりして思わずしかめっ面に。皆に笑われた~。

何でも台湾向けに輸出してるんだとか。

口にいれるとパチパチするお菓子がありましたよね。あんな感じ。
(ってすごく馬鹿にしているかも。ごめんなさ~い)

でも、これが一番高いんだって。アルコール度数も一番高くて56%。










b0221428_1551120.jpg

最後にチーズが出てきて、

「クラッカーが欲しいね~」って言ってたら、食べ終わったころにクラッカーが出てきました~(笑)







お酒のことは何もわからないけれど、

こういう体験は初めてだったので、物珍しくておもしろかったです。

b0221428_1573868.jpg

Terminal City Club、クリスマス仕様になっていてとても素敵でした。

b0221428_153154.jpg

Fumiさんのブログによく出てくる、ハフ王やマルコメ君にも会いたかったな~(笑)







フー助はここにsnooker tableがあると聞きつけて、

スタッフに質問していました。100年物のsnooker table,会員のみ使用できるそうです。

フー助はsnooker好きなのですが、Vancouverに来てから一度もsnooker tableに出会っていないのですよ・・・。






帰りはお腹がすいたので、パブでご飯を食べて帰ったのでした。ちゃんちゃん!!
[PR]

by pandakoaki | 2012-11-17 15:25 | おでかけ | Comments(12)

今夜は演奏会

昨夜と今朝のリハーサルを無事に終えて、

今はお家で今日のお衣装を洗濯中(爆)

ちょっとみっともない赤のワンピース・・・。

私には全然似合わないけどしょうがない・・・。






それにしても、メキシコ旅行当日に海水パンツを買いに行ったフー助にいらいらしていた私が、

演奏会数時間前に今夜着るガウンを洗濯とは・・・!

私もカナディアン化しつつあるのでしょうか。





b0221428_9193757.jpg

本番前に2回もリハをするのは初めて。

ホールを2日間も借りたら莫大なお金がかかっちゃうから

みんな本番の日にリハして終わりなんだよね。

Vancouver Symphoney OrchestraのホームグラウンドがOrpheum Theatreだから

できるんですよね。本当に恵まれているな、と思います。






オケの練習はやっぱり興味深くて見ているだけで楽しい。

みんな古そうな楽器使っていて、お金ないんだろうなーとか、

あ、あの人出番がない時、雑誌読んでる~。ありえない!とか、

コンサートマスターがマエストロにどんどん意見できちゃう風通しのよいオケなのねーとか、

いろいろ観察していました。





b0221428_926635.jpg

自分の歌も、なるべく楽譜外して歌おうとしたら、何箇所か間違えたので

やっぱり楽譜をちゃんと追っていこう、とか

楽譜のページをめくるタイミングとか(音をたてないようにね)、

歌う場所が変わると音の聴こえ方も違うので、その戸惑いの解消とか

自分なりに調整してなんとか自信を持って歌えそうです。




マエストロはQui Tollis Pecata Mundiをすごく心配してて、

昨日から何度も練習させられました。

モーツァルト、やっぱりハ短調は難しい。

でも、ちょっとでもずれると大コケする、Cum Sancuto Spirituはマエストロに褒められたので

上手く行きそうかな・・。







ソリストさんの歌声は素敵でした。

ソプラノのEt Incarnatus Est、フルートとクラリネット、ファゴットとのコラボレーションが

とっても綺麗です。

そして、メゾのLaudamus te、テンポがよくて大好きな曲なのですが、

弦との掛け合いがとても美しいです。





やっぱりプロのオーケストラと比べると私達は素人だけど、

どうにか食いついて頑張って歌いたいと思います。

練習も毎週楽しかったけれど、

やっぱり本番に向けたオケ合わせとか、ソリストさんとの練習が何倍も楽しい!!

本番も楽しんで歌いたいです。

それでは、来て下さる方、私も舞台から探しますね!!
[PR]

by pandakoaki | 2012-11-11 09:43 | ひとり言 | Comments(18)

Cafe Regalade とAnthropology Museum

毎日雨のバンクーバー。

ライトセービングで今朝は1時間時計を遅らせました。いよいよ冬ですね~。

こんな天気ですがお出掛けしてきました。

Museum of Anthropology。UBC(University of British Columbia)の敷地内にあります。

ここ、お友達がお勧めしてくれてていつか行きたかったのですがなかなか機会がなくって・・。

でも、Grouponで半額ディールが出ていたのでチケットを買っていました。






まずは腹ごなしに、Cafe Ragaladeへ。

以前一度行ったきりで名前も覚えてなかったけど(いつも豚ちゃんレストランて呼んでたし!)、

場所は覚えていたし、車もすんなり駐車できてラッキー。

b0221428_10232328.jpg

入店したのは1時過ぎでしたがすごく混んでいました。

かろうじてテーブルが空いていたのでよかったです。








b0221428_10242864.jpg

フー助のCharolais Breakfast。ブランチなんだけどね・・。

b0221428_10261148.jpg

私のHealthy Breakfast。

いやぁ、ヘルシーと言いながら揚げパンとポーチドエッグ2個ってどうよ・・(笑)

でも、おいしかったです。特にグラノーラがおいしかった。

牛乳はスキムドミルクで、ヨーグルトはローファット。ヨーグルトもおいしかった~。








そして、Anthropology Museum。
b0221428_10301844.jpg



b0221428_10321859.jpg

First Nationの大きなトーテムポールがたくさんありました。

ヨーロッパ人が北米に来た17世紀にはVancouver エリアだけで約18の種族が暮らしていたそうです。

トーテムポールは家を支える支柱の役割や、先祖の歴史、迷信的な意味があったんですって。

と知ったかぶってはみたものの、勉強不足なのか北米の歴史はあんまり興味持てない私です・・。








さて、ここ2週間ばかり鼻喉の風邪をひいてしまったのですが、

ここには耳鼻科がないので、治るのにちょっと時間がかかってしまいました。

日本では耳鼻科に行って、薬を直接喉に湿布してもらうと一発で治っちゃったんだけど・・。

そんな中で活躍したのが、
b0221428_10443970.jpg

日本から持ってきていたイソジンガーグルと、



b0221428_115124.jpg

ヴィックス・ベポラッブ!

ヴィックスは毎晩寝る前に麺棒で鼻の中の粘膜に湿布して寝ましたよ。

そうすると、朝起きた時喉が痛くならないの!!

皆さんもお試しあれ~。あ、でもその前に風邪をひかないようにご注意くださいね~♫
[PR]

by pandakoaki | 2012-11-05 10:59 | おでかけ | Comments(14)

La Boheme

先週末、バンクーバーオペラのシーズンが始まって、早速行ってきました。

今シーズンの最初はLa Boheme。
b0221428_5182124.jpg


観るのは初めてなのですが、むか~し、地元のオペラ団体の公演にその他大勢で

出演したことのある演目なので馴染みがありました。

歌ったことある曲が思い出されて、すっごく懐かしかったです。





そして、今回の指揮者、LESLIE DALA。
b0221428_5175196.jpg

私の所属している合唱団、Vancouver Bach ChoirのDirectorです。

知らなかった!なーんだ、だから先週の合唱練習に来られなかったのね。

それにしても、この人もしやけっこうすごい方なんだろうか・・・。

それともVancouverには人材が限られてるのかしら・・・。

Vancouverの音楽業界も狭いのね。すべて狭いんだけどね・・(笑)。

それもいいところ♫






肝心の演奏ですが、若いカナディアンの歌い手さん達が大勢を占め、

もともとの登場人物が若い芸術家たちなので、すごくぴったりでした。

熟練したおばちゃんやおじちゃんたちに歌われても合わないのでね・・。




おもしろかったのが、けっこう笑いの出る舞台でした。

は?これはコメディーだったっけ??っていうくらい。

でもそれがhomeyで、地元のオペラを鑑賞するバンクーバーっ子達って感じで

温かい雰囲気でした。




b0221428_10403753.jpg




ただ今回、マチネーだったのですが

おじいちゃんおばあちゃんが多いせいか、咳やら携帯音やらは聞こえるし

インターバルが終わって大分経った頃に、よたよた階段を危なっかしく上がってくるご老人がいたりで

なんだかちょっとざわついてました。

まぁ、それも地元オペラならではなのかしら・・。

マチネーは夜遅くならないのでいいけれど、あんまりお勧めはできないかな・・。









今週の合唱の練習では、最初Leslieがなんかすごい人に見えちゃったのですが、

「ダバダバで歌って」とかっていわれると、

ダバダバって歌ってるうちに、ダバダバかバダバダかわからなくなってくるんですけどぉ~!!

とつっこみ入れたくなっちゃう♫

あと彼の口癖がnastyで、難しいフレーズとかすぐ「Nasty~,nasty~!!」って言うもんだから

皆で真似してます(笑)






でも、オーケストラの指揮者が合唱指導をすると楽器との兼ね合いも考えて指導してくれるので、

声楽家が合唱指揮するよりすごく効率的だと思いました。

私が日本で入っていた合唱団は、声楽家の合唱指揮者だったんですけど

そうすると、いきなり本番前にオケと合わせたら

「こんなはずじゃあなかった!」

なんてことが多々あるので本番でコケることがあります。

音楽家にとっては指揮は夢らしいけど、そんな簡単じゃないよねー。

私達の本番ももうすぐ。がんばらないと~☆

詳細は、Vancouver Symphony Orchestraのウェブをご覧ください。

来週はマエストロToveyと初めてのリハーサル、ワクワク~~♪♪♪
[PR]

by pandakoaki | 2012-11-03 05:35 | 趣味 | Comments(16)