<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Tulum

今回行った遺跡はTulum

前回行ったCobaのように登れるピラミッドはないけれど、

ホテルから車で30分と近かったので、こちらに行ってみることにしました。

タクシーだと片道23ドルって言われたので、大通りまで出てCollectivoという乗合バスを利用しました。
b0221428_11343987.jpg

3.5ドルでした。







Tulumはマヤ文明後期の都市で唯一海に面している遺跡。

風光明媚で美しい。当時はトルコ石や翡翠の貿易が行われていたそうな。
b0221428_1143589.jpg




b0221428_114359100.jpg

ウミガメの産卵エリアは人が入れないようになっています。

ウミガメの通った跡がわかりますでしょうか。



b0221428_1148177.jpg

limeでできているそうです。



b0221428_11483050.jpg

うーん、遺跡大好き♡



b0221428_11493128.jpg

ビーチも美しいです。人が多いけど・・・。



b0221428_11513888.jpg

イグアナの家族。イグアナ天国だね♪



b0221428_12102155.jpg





b0221428_12111788.jpg





b0221428_12113839.jpg

君は誰?



b0221428_1153890.jpg

眩しすぎて、なにがなんだかわからずシャッターを押したのであまりいい写真が撮れなかったけど、

ここ本当に美しい。

もう一度行ってもいいな。
b0221428_124074.jpg

午前中に出掛けたのだけれど、帰る頃にはこの長蛇の列。

早めに出掛けてよかったよ。







遺跡があるから、またメキシコに行ってもいいかな、って思っちゃう。

今度行く時はちょっと遠いんだけど、世界遺産のチチェン・イッツァ(Chichén Itzá)にぜひ行きたいな。
[PR]

by pandakoaki | 2014-05-30 12:11 | out of vancouver | Comments(10)

Coco Bongo in Playa Del Carmen

今回のメキシコ旅行での目玉イベントがCoco Bongoでした。

Trip Advisorでもかなりの高評価を得ているCoco Bongo。

最初、お友達夫婦がショーに行こう!と誘ってきた時には「え・・・」って思ったの。

クラブみたいなところを想像していたので、お酒の強くない+夜遅いのが苦手+うるさい場所が嫌いな私は気が進まなかったのです。

よくよく話を聞いてみると、終わるのが夜中の3時だとかいうので

「じゃあ、飽きたらタクシーで先に帰る」ってことで行くことに決めたんですが

チケット55ドルもして、「ちょっとどうなの・・・?」って疑心暗鬼でした。




当日はホテルに大型バスがお迎えに来て、そこそこ人も乗っていました。

そして、会場に着くと長蛇の列でちょっとびっくり。
b0221428_91788.jpg

でも、すごーく怪しげで人がやっとすれ違えるくらいの狭い階段を下りて

息苦しくなるような長い通路を通らなきゃいけない。

私、この時点でかなり不機嫌になりました。

その上、荷物検査までさせられてバッグの中身まで調べられた時にはかなり血圧上昇(笑)



狭い通路を抜けるとボクシングの試合をするような会場に人・人・人・・・。
b0221428_9213094.jpg

四角くくり抜かれた中央にバーがあって飲み物作ってて、その四方はお立ち台になってるんです。

スポットライトと大音響の中、皆さんすでに踊り狂ってます。

そして私達が案内されたのは、3階のバルコニー席。しかも立ち見で隣の人との隙間がないの。

あっけにとられたというより、恐怖感を覚えましたよ。

こんなところで災害が起きたら死んじゃうじゃん!!

私、思わず係員のお兄さんの所に聞きに行きました。

「あの、非常事態が起こった時にはどうやって避難するんですか」

お兄さん、

「私についてきて下さい。この腕章が目印です」

と言って、懐中電灯でセキュリティの腕章を見せてくれたけど、

(絶対、信用できない・・・・・。)と思いました。






さて、11時にショーが始まるまでカウントダウンと、ダンスと、音楽と、歓声とでなにがなにやら。

お酒も無料で配られたけど、私はトイレ行くのが嫌だったのでパスしました(笑)

カメラがお客さんを捉えてスクリーンに大写しにします。

自分がスクリーンに映し出されれば皆、まんざらでもないのよね。観客参加型。やり方上手いよね。





そしてやっとショーが始まって、やっと意味がわかりました。

まずは、懐かしのミュージカルのナンバーから。
b0221428_9544793.jpg

Chicago好きだったなー♡

曲が流れて、映画の名シーンが流れて、同じ衣装来た人が(メキシコ版キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)

同じダンスを舞台の上で披露しているのです。






その後は、往年の名ナンバーが続々と。
b0221428_959191.jpg

ブリトニーやら、


b0221428_1002263.jpg

マドンナやら、


b0221428_1012422.jpg

ビヨンセやら、


b0221428_1023148.jpg

マイケルジャクソンやら。

もう有名な曲ばかりなので、イントロがかかるだけですごい歓声~。

歌詞を知らない私も、聴いたことある曲ばかりで段々ノリノリに(笑)






そして、
b0221428_1063983.jpg

紙吹雪が舞い、



b0221428_1073951.jpg

バルーンが舞い、



b0221428_1082935.jpg

紙テープも舞い、



b0221428_10101261.jpg

スモークも出て、風船も舞い、

なんかもう、何でもありって感じの様相。





舞台転換の合間には、
b0221428_10175431.jpg

スクリーンが下りてきて、観客から選ばれた女の子たちが踊ったり、
(マリリン・モンローの映画みたいに下から風が出てきてスカートめくれちゃうんだよー)


b0221428_1014723.jpg

スパイダーマンが頭上から現れたり、


b0221428_10142598.jpg

バーだったところに板が置かれてちょっとした舞台になり、


b0221428_10162155.jpg

これまた頭上から現れた方々がダンスしたり、


b0221428_10201530.jpg

ちょっとした曲芸(?)があったり、



b0221428_102116.jpg

シルク・ド・ソレイユもびっくりの方々が肉体美を披露したりと

とにかく飽きさせないのです。




最後にYMCAの大合唱でショーは終わり、気づいたら午前3時でした。

4時間以上も立ちっぱなしだったことにびっくり!!

立ち見はメトロポリタンオペラでドン・カルロを観て以来だったよ(全然違う状況だったけど)。

ところが、疲れているどころかアドレナリン出まくりですごーく元気だったの!



また行きたいか?と聞かれたら、悔しいけど「はい!」と答えてしまう、そんなショーでした。

一生に一度はこんな雰囲気を経験するのもいいかも。

リビエラ・マヤに行った際にはぜひ体験してみて下さい。

誘ってくれたお友達、すごくプレッシャー感じてたみたいだったけど

皆、満足満足でホテルへと帰ってきましたとさ。




日本でもやったら受けるんじゃないかな。

そうしたらどんな曲がいいかな、なんて妄想しちゃいました。

チェッカーズとかさ、ミスターチルドレンとか牧原敬之なんてどう?

「愛は勝つ」とか「ガッツだぜ」とか「RUNNER」とか入れて欲しいよね。

最後は「世界に一つだけの花」かな♪

あ、これって版権払わなきゃだよね。

だれか企画してやって欲しいな。

おしまい♪
[PR]

by pandakoaki | 2014-05-30 10:26 | out of vancouver | Comments(4)

Riviera Maya 2014

先週の水曜日にメキシコから帰って来ました。

今回はお友達3カップルとの10日間の旅。

いつもつるんでいるお友達夫婦と、初めて会ったお友達のお友達夫婦。

こんなこと日本ではしたことなかったから、ちょっとドキドキ+ちょっと面倒くさいな・・・と思いながらも

また一匹狼で我が道を行こうと心の中でもくろみながら(笑)旅は始まったのでした。







今回ヒューストン乗り換えにしたのは、直行便と比べて1000ドルも安いから。

驚くよね~。どういうこと??

ヒューストンでは5時間あるので、お友達の薦めでe-bayでクラブラウンジのチケットを購入しました。

お友達、いろいろリサーチして一番お得で安い、そして居心地いい案を提供してくれました。

私達はいつもおんぶに抱っこ状態。
b0221428_1325287.jpg

でもおかげで、ゆったりシートで飲み放題食べ放題、ネット使いたい放題で

たまっていた日本のドラマを見まくりました。あーすっきり!!

話は違うけどヒューストンの空港って、ジョージ・ブッシュ・インターナショナルエアポートっていうのね。

びっくり!!ジョン F ケネディエアポートに対抗したかったのかしら・・・。







余談はさておき、ホテルには9時過ぎに到着~。この日は夕飯食べて就寝。

行きは4人だったのだけれど、ホテルで無事にお友達のお友達夫婦にも会えました。

次の日からは、
b0221428_1219961.jpg

ビーチで横になってお昼寝+読書や



b0221428_12195665.jpg

ジムで汗を流したり(私は1回自転車こぎに行っただけだけど・・・)



b0221428_12221976.jpg

日焼け後がヒリヒリしてくればプールサイドの日影に横たわり、




b0221428_12251571.jpg

はたまたジェット・スキーやセイリングに行ったり、




b0221428_12353257.jpg

シュノーケリングに行ってお魚に餌をあげたり、




b0221428_12263373.jpg

ビーチバレーやzumbaをしたり(空港で会ったUBCの学生さん達ともなぜか意気投合♪)、



b0221428_12275673.jpg

遺跡を観に行ったり、

はたまたジャグジーやエステに行ってのんびりしたりと、自主参加型。

お互い無理強いせず、適度な距離を保ってそれぞれがやりたいことに参加するっていうのがよかった。








夜は夜で、
b0221428_12334081.jpg

Playa Del Carmenの町を散策しに行ったり、




b0221428_12342291.jpg

皆でビーチに月を見に行ったり、





b0221428_12375865.jpg

ピアノバーでお酒を飲んだり、




b0221428_12383448.jpg

ホテルの中のお店をうろうろ見て回ったり、




b0221428_12393095.jpg

ディスコティックに行ってみたり、




b0221428_12411111.jpg

ダンスショーを観たり、




b0221428_1243781.jpg

結婚式のダンスパーティーに便乗して踊ったり、

最後には下着で夜のプールで泳ぐといった愚行も(私はできなかったわ。だって日本人だもん)・・・。







そんなこんなで長かったような短かったような10日間が過ぎて行きました。

メキシコのホテルはオールインクルーシブなので、飲み物も食べ物も値段を気にせず好きなだけ楽しめる。

ハワイよりずっと安く行けちゃうし、海は断然メキシコの方が綺麗だね。



でも、気になる所がふたつあるの。

ひとつは、現地の人がいかに安い賃金で働かされているかってこと。

ジェットスキーの従業員さんやジムの受付してた若者と仲良しになっていろいろ話をしたんだけれど、

仕事は過酷だけれどお給料は安いから、家族は養えない。カナダやアメリカに行きたいって言ってた。

ホテルの人なんてすごーく働き者で気も効くんだよ。でも彼らにはいい暮らしが難しい現実があって、

こういうリゾートに来るたびにちょっと切なくなるんだよね・・・・。


それからもうひとつは、メキシコは水の質がよくないこと。

髪の毛はバリバリになるし、やっぱりお腹の調子も万全とはいかなくなるんだよね。

特にお腹の弱いフー助、一発で腹痛起こしてました。

お料理には浄水器を通したお水を使ってるんだと思うんだけど、

やっぱりそれでも完璧ではないんでしょう。お茶も全然おいしくないもん。

歯磨きのうがいもペットボトルのお水を使いましたよ。

お水の質がよかったら、フー助はメキシコに移住したいそうです。

いやぁ、日本から遠いから私はいいよ・・・。
[PR]

by pandakoaki | 2014-05-27 13:21 | out of vancouver | Comments(6)

只今バケーション中

b0221428_12594633.jpg

お久しぶりです。マヤにゃんです。

僕は今、Riviera Maya in Mexicoにお里帰りしています。

写真はHustonの空港にて。











b0221428_12565015.jpg




着いてからは、いっぱい食べてたくさん寝てゆっくりビーチで過ごす毎日。

帰ったら珍道中を報告しま〜す。

皆さま、お元気で♪











[PR]

by pandakoaki | 2014-05-17 13:08 | out of vancouver | Comments(6)

カルミナ終わった!



b0221428_02595497.jpg

2回の演奏会、大成功のうちに終わりました。

金曜も土曜の朝のリハーサルもあんまりうまく行かなくってどうなることかと思いましたが...。

金曜夜なんて、まんまと遅刻してしまった私。

休憩入るまでは舞台に乗れないということで、客席の隅に座って聴いていました。

それはそれで楽しめたのでちょっと得した気分♪
b0221428_12584578.jpg


いつものOrpheum。

b0221428_03075144.jpg

土曜日は気持ちも高揚していて、適度に緊張もしていたのですがいっぱい間違えちゃったよ....。

でも一曲目の「ダッタン人の踊り」を歌った時点でお客さんの反応がとてもよかったので、

私たちも上昇気分で気持ちよくカルミナを歌うことができました。

歌い終わってすぐにさっと大勢の方が立ち上がってほぼ満席の聴衆から

スタンディングオーベーションをいただき、

ちょっとウルッとこみ上げてくるものがありました。

この日はクラシックが好きではないフー助も初めて会場に来てたのですが、

お友達共々とても楽しんでくれて私も面目がたちました(笑)








次の日は東京アカデミー合唱団の方々が打ち上げに招待してくださって、

私だけ(内緒で!)Kamei Royalにお邪魔させていただきました。

なんと私、初Kameiでしたよ♪

バンクーバーのレストランをご紹介したご褒美にお土産もいただきました。
b0221428_03250380.jpg
日本人のお友達達とゆっくり楽しませていただきます。ありがとうございます。

皆さんと色々お話しさせていただいて、すごーく楽しかったです。

日本の合唱団にいた時、練習後にファミレスやカフェに行って

みんなでおしゃべりしたのを懐かしく思い出しました。

趣味の仲間っていいですよね。なんのしがらみもないし、共通の話題で話が尽きないし。

b0221428_10290624.jpg


最後に真央ロールを食べようということになったのですが、残念ながら売り切れ

だったので、織田ロールと小塚ロールを注文して皆で食べました。

確か上が織田ロールで下のが小塚ロールだったと思います。

6時半から始まって10時頃に名残惜しくもお開きになりました。






演奏会の30分前にはいらして、柔軟や発声をされていた東京の皆さん、
b0221428_12480941.jpg

さすが日本人は勤勉だわ!と、改めて感じました。

そしてマエストロ秋山の指揮も素晴らしかったです。

指揮は美しくなければ!と思うのですが(あの姿も含めての芸術だと思うので)

マエストロ秋山の棒は見惚れるくらいでした。

日本チームが来る前に、練習で

「マエストロ秋山の指揮は的確ではっきりしているからわかりやすいはず」

と何度も言われていたのですが、初めて一緒に練習した時にその意味がわかりました。

歌い始めと終わり、強弱やその他の細かいことも指示してくれるので歌いやすい!

そして私たちやオーケストラが上手くできなくても、声を荒げたりすることもなく

ニコニコしてらして、お人柄も紳士的で忍耐強い方だなぁと思いましたよ。

打ち上げの挨拶で私が、

「練習ではオケと合唱が合わないなぁと感じて.…」と話してたら、

「すみません…」なんておっしゃるのです。

日本指揮者協会の会長様にすみませんなんて言わせてしまって申し訳ないです…。









カナディアンチームもカナディアンフラッグのピンバッチを日本の皆さんに配ったり、

私たち団員のネームタグを作って首に下げたりと予想以上のおもてなしで

頑張ってくれていたので、びっくりでしたし日本人として嬉しかったです。

日本語ペラペラのカナディアンの団員がいて、彼がいろいろ気を遣って

率先して交流してくれていました。




そんなこんなで、忙しくて慌ただしい中とても幸せな時間を過ごすことができました。

日本人で得したな♪ そして、この時期に合唱団にいてラッキーだったな。



あ、でもね、本番前に

「あなた、ちょっと訳してあげなさいよ!」とかって言われてオタオタしたり、

日本の方にBach Choirのこと聞かれてあんまりよく答えられなかったり、

相変わらずドジも踏んでしまったわ…。















最後に「韃靼人の踊り」を。かっこいいです。

[PR]

by pandakoaki | 2014-05-10 00:49 | Comments(12)

Mariko Ando ExibisionとBeacoup

今日は真夏日ですっごいいいお天気でした。

でも、職場ではMovie DayだったのでFrozenを観ましたよ。

「Let It Go」では子ども達振り付きで大合唱。笑えました!





一昨日に東京アカデミー合唱団御一行様がバンクーバーに到着して

昨日はマエストロ秋山の下、一緒に練習しました。マエストロ、品のある穏やかな方でした。

ああいう上品な紳士、久々にお目にかかりました。

淡々と練習をこなしていつもより30分以上早く終わりましたよ。

日本人の正確な歌い方と、カナディアンの豊かな声量が相まってなかなかいい感じでした。

あとは児童合唱団にもうちょっと頑張ってもらいたいですねー。

「もっと声出しなさいよ!」っておばさん達に叱咤されてました(笑)









さて、先週の日曜日はMariko AndoのEtching Print & Drawing Exhibitionにお邪魔してきました。

初めてフー助と行ったのですが大学入学当初は美術専攻だったフー助、なかなか興味深く観てました。

b0221428_9242233.jpg


b0221428_9243748.jpg

今回は版画だけでなく鉛筆描きも紹介してくれていて、なかなか面白かったです。

ああいう細かい作業の跡が見える作品は観ていてすごいなーって感心しますね。

職人技っていう感じです。

なかなか忙しくって最近は会えてなかったMarikoちゃんに久々に会えてうれしかった♪

よろしかったらぜひぜひウェブサイトを覗いて見みて下さいませ。

私は「出世したらぜひ作品を買わせてもらうからね~!」と言ってあります(笑)

いつのことやら・・・・。期待しないで待っててね。

あ、でもMarikoちゃんの作品で紙芝居を作る約束もしてるのでそれもいつか・・・・・。










さてさてその後は、行ってみたかったお店Beaucoupへ寄ってみました。

b0221428_9374090.jpg

お店の壁面が素敵です。

中は劇混みで外のテーブルもいっぱいだったので、歩きながらクロワッサンだけ食べました。
b0221428_9384583.jpg

パリッパリですごくおいしかったんだけど、一気に食べたら喉が渇いた(爆)

家でゆっくり食べたチョコクロとクイニーアマン、とーってもおいしかったです。

やっぱり皆がおいしいって言うだけのことあるね。

あの辺、毎週合唱の練習で通るのにいつもお店閉まってる時間なんだよな・・・・。











話は変わりますが、4月はずっと日本からの荷物を待っていた私。

友達からの荷物はSAL便で来たのですが一カ月くらいかかってました。

母からの荷物も呑気に待っていたのだけれど、二週間ほどしてさすがにトラッキングした方がいいかな

と母に電話してナンバーを確認して調べたら、なんと前のアパートの最寄りの郵便局で

預かっていることが判明。

母が間違えて古い住所を書いてしまったみたいで・・・。

まぁ車で20分くらいの距離なので早速行って、無事に受け取ることができました。

危ない危ない!気をつけないといけないね。



あ、荷物の中で一番待ってたもの。
b0221428_1084016.jpg

箱根寄木細工のコースターなんです。

下の二枚は日本に二人で帰った時に製作者のおじさんから直接買ったもの。

箱根駅伝のトロフィーを作っていらっしゃる金指勝悦さんの作品です。

一枚千円だったので二枚しか買わなかった(買えなかった)のだけれど、

すごく気に入ったので、ネットで探して五枚買い足しました。色もちょっと違ってたけどそれもよし。

本当はこういう気に入ったものを長く大事に使うのがいいよね。

カナダに来てから、なんかそういう心が乏しくなってしまって悲しい。

大切に使いたいと思います。








今週末は演奏会。今からわくわくです~!!

たくさん寝て、体調を万全にします♪
[PR]

by pandakoaki | 2014-05-01 10:13 | 日々の何気ないこと | Comments(12)