<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ゆく年に

今年ももうすぐ終わり。

師走はいつも何か慌しいのですが、今年はなんだかいつも通りの毎日をすごしていたら

いつの間にかクリスマス、年末になってた感じです。

まぁ、大体カレンダー通りに働いてたのでね。




今月は職場でシークレットサンタがありました。しかも2週間。

職場ではRakって言ってましたけど。

私が相手に送ったのは、
b0221428_13515890.jpeg
ホシノ酵母で焼いたお豆腐パンとか、










b0221428_13501849.jpeg
折り紙で作った熊と鹿とか、








b0221428_14003181.jpeg
サクマの「メロンミルク」の飴とか(笑)

まぁ、お金をかけずにその人の1日をちょっとハッピーに!をモットーにね。







で、私のシークレットサンタが届けてくれたのは、
b0221428_14043316.jpeg
ジャーに入った手作りクッキーや、






b0221428_14054222.jpeg
ストッキングサプライズ。スクラッチくじですね。





b0221428_14102842.jpeg
トナカイ靴下など。




で、最後に
b0221428_14120626.jpeg
こんな箱が届きました。黄色のものでいっぱい!!

ここまできたら、愛を感じましたね。これは、誰か私の身近にいる人だなと。

案の定、前にいたクラスで一緒だった元同僚からでした。










それから、イギリスから届いたクリスマスカード
b0221428_14234838.jpeg
このスタンプを見て嬉しくなりました♪






b0221428_14260517.jpeg
日本からもおいしいものがたくさん届いたよ。

Pianoちゃん、ありがとう!!

辻利の抹茶ラテ、おいしい~。














ホリデー中は、
b0221428_14294725.jpeg
油絵を久々に描きに行ったり、







b0221428_06084850.jpeg
元同僚達とクリスマスディナーに行ったり、








またまた久々に、Cirqe de Soleiに行きました。

b0221428_06133194.jpeg






b0221428_14351359.jpeg
ちょっとねぇ、今回は感動して泣いちゃいましたよ。

オリンピックの体操競技を見てるみたいでした。素晴らしかった!!

人間の肉体ってすごいんだなぁって改めて思いました。





テレビもけっこう見てましたね。お天気悪かったしね。

母が日本で見てたプレバトをよく見てます。

俳句はやらないのですが、見れば見るほどおもしろいなーと。

日本語って本当に奥深くて難しい。助詞や語順で意味が変わるからね。

発想力と知識と技術の集大成。俳句が上手な人のすごさがやっとちょとだけわかるようになりました。







そんなこんなでもうすぐ大晦日。

皆様、よいお年を♪









[PR]

by pandakoaki | 2017-12-30 14:40 | ひとり言 | Comments(4)

Early Childhood Educator

今の職場に移って1年。パーマネントのフルタイムになることになりました。

Special Needsの実習が終わって、やっと自信が出てきたところなのでいいタイミングだったかなぁと。

この秋に、何人かの先生が辞めたのでラッキーだっただけですが。

今の職場は、求められるRequirementが高いので特に学校出たての先生にはきついのかもしれません。

私のように世知辛い職場を転々としてきたものにとっては、やっと本領に集中できる職場で働けてるんだな、と感じます。

まだまだ足りないこと、勉強しなきゃいけないことで一杯だし、英語のハンデもまだまだあります。

それに、たまにとんでもないポカをします。大胆な失敗を...。

でも、このEarly Childhood Educatorという仕事を、ただのベビーシッターというイメージから

アカデミックなレベルにまで引き上げ、世間様に認知されるように日々地道に積み上げていく、そんな風に最近は感じます。





b0221428_14111649.png




b0221428_14114674.png
こんな風に、アクティビティをセッティングして、子ども達の反応を見ながらProvocationを積み重ねていきます。

その過程を写真に収めて、Documentationを作ります。Pedagogical Narrationと言います。

なのでアクティビティは数週間、数か月に及ぶ場合もあります。

で、最後に虎の巻的なこの本。
b0221428_14261649.png
この本を参照しながら、行ったアクティビティを通して、子どもの成長過程におけるどのようなマイルストーンを踏んだのかを

記録します。これは、子どもはもちろん、親や他のクラスの先生や、はたまたコンファレンスなどでも紹介しあいます。

”Educators as Researchers”

地道な作業を通してこの言葉を思い出し、最近はこの意味がしっくりきます。

子どもに対する見方もこの一年で随分変わりました。

これから自分自身がどんな風に変わっていくのかわからないけれど、まだまだ変化(進化)できそうな気がしています。

まぁ、それはこれからの自分の頑張り次第なので、毎日の生活もゆったり実りあるものにしながら

日々過ごしていけたらと思います。



おわり










[PR]

by pandakoaki | 2017-12-02 14:52 | 仕事 | Comments(6)