<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

New York Feb9-12,2018 ①

お休みをとってNYに行ってきました。

でも、月曜日がFamily dayでカナダはロングウィークエンドだったので

あんまり特別感はなかったのですが・・・。





「サン・サーンスの3番を聴きたい!」とここ数年思っていて探していたのですが

なかなかなくて、一昨年サンフランシスコであった時にはまだ学校に行っていて行けず。

今回、ニューヨーク・フィルが演奏するのを見つけて迷わずチケットを買いました。

ついでなので、メトロポリタンオペラも観ようと思い、こちらもチケットを購入。

2月のNYはベストなお天気ではないけれど、まぁ閑散期なのでいいかと。

幸い、スノーストームもなく気温もバンクーバーとほぼ変わらずホッとしました。



飛行機はいつものCatheyだったのですが、出発当日の午前中にテキストが来ていて。

仕事してたので気にせず放ったらかしにしていた私。

仕事から帰って最後のパッキングをしていた時にテキストのことを思い出し

読んでみておったまげた!

フライトがdelayになり、9日の9:50pm発が10日の10:10pmに変更と。

丸一日遅れるって一体・・・・・。

慌てて空港に行くと、テキストは間違いだったと言われて???

一体、なんだったの・・・・。ドッキリみたい。

まぁ、スケジュール通り飛ぶということで気を取り直して出発。

とっても疲れていたので、飛行機の中では爆睡してました。






で、朝の6時に到着。

前回と同じ、Le Pain Quotidienで朝食。
b0221428_03234456.jpg
このお店、NYに凄〜くたくさん店舗を増やしていてびっくり!

私が行ったのはカーネギホールの斜め向かい。朝早くからも開いてる安定したお店。

前回日本に帰った時、ミッドタウンにもお店があってすごく高級感が溢れててビックリしました。

NYではもっとカジュアルな感じだな。






朝食をすませてからホテルに向かい、まだお部屋には入れないということだったので、

ロビーでゆっくりしてからトイレで着替えて(笑)オペラへ。
b0221428_03310069.jpeg
ボックスオフィスでチケットを受け取ってから、ショップを見たり

写真を撮ったりしてました。

b0221428_03323823.jpg



演目はドニゼッティの「愛の妙薬」。
b0221428_03340110.jpeg
全然馴染みのない演目だったのですが、友人が「喜劇だから面白いよ。ソプラノが

黒人なのよ」と言っていたので、期待値が上がりました。

b0221428_03361292.jpeg
席は3階の前の方だったので結構遠かったのですが、チケットを取る時に

オペレーターのおばさんが、「1階の後ろの席より遠く感じるかもしれないけど

3階の方が音がいいのよ」というアドバイスでこちらの席に。

確かに、舞台全体を見渡せて声もよく通りました。

歌い手の皆が本当に上手くて、特にテノールが王道の声質?、なんと言ったら

いいのかわかりませんが、私の好きな声と歌い方でうまかった。

ソプラノの方はソフトで透き通るような声で、キャサリンバトルを思い出しました。

黒人のソプラノというのはああいう声質になるのかな、と思いました。

これはうがった見方かな。

時間も短くて、休憩入れても3時間というちょうどよい長さ。聴衆もいい感じで

全演奏中、とてもよい雰囲気で楽しめました。

最後は感動して泣いてしまいましたよ。オペラを観て泣いたのは初めてです。

とてもいい演目でした。




終わって外に出ると土砂降りで、一目散にホテルに戻りました。

着替えてから何か温かいものが食べたいと思い、そう言えば近くに一風堂が

あったなと思い、この時間なら空いてるかもと行ってみることにしました。

b0221428_03520626.jpeg
行ってみると、満席でいっぱい人が待っていました。でも、1人席は空いてたので

すぐカウンターに案内されました。白人のカッコつけてるお兄さんが、

「一番に1名お願いします」とまるでネイティヴのような日本語で言うと、

他の従業員が一斉に、「いらっしゃいませ〜!」と言うので、思わず吹き出しそうに

なりました。バンクーバーで言うところの北の家Guuみたいな感じです。
b0221428_03514187.jpeg
お客さんは、アジア人と白人が半々くらいでした。

b0221428_03565834.jpeg
ラーメンは一番オーソドックスなものを頼みました。

豚骨だけど、上品で確かにおいしいです。

でもね、一杯16ドルです。私はトッピングに煮卵を頼んだので18ドル也。

taxとtipで20ドル越えです。高いですね。普通だったら絶対に頼まないです。

実家の近所にある450円のタンメンが懐かしくなりました(笑)





ホテルに戻ってからちょっとゆっくりして、次の演奏会へとまたリンカーンセンター

へ。この時も雨がいっぱい降っていました。

行く途中で、Columbus Circleにあるお茶屋さんに寄りました。
b0221428_04055516.jpeg
ここ、気にはなっていたのですが今回初めて入りました。
b0221428_04061722.jpeg
Earlgrey Vanilla Cream。おいしかったです。

この界隈はなんか来ると安心します。




b0221428_04150275.jpeg
土砂降りの中、着きました。


b0221428_04152908.jpeg
正面がメト、向かって右側がニューヨークフィルのホームグラウンド、

David Geffen Hall。向かって左は、バレエなんかをやるホール。

その昔、くるみ割り人形を観た記憶があります。



b0221428_04183088.jpeg
このホールは初めて来ましたが音響がすごくいい。いい意味でも悪い意味でも。

よすぎるくらいだな、って思いました。

聴衆の咳一つでも見事に拾ってくれちゃいます(笑)

隣のお婆ちゃんがバングルをしていて、腕を動かすたびにそれがチャラチャラ

鳴るんですよねぇ。いやぁ、気になりました。よっぽど言おうかと思いましたが、

気分が悪くなるのが嫌だったので言いませんでしたけど。

やっぱりクラシックの演奏会ってどこもそうですがお年寄りが多くて、

第一楽章で帰っちゃう人がチラホラといました。

私は2階席にいたのですが、第2楽章が始まっているのに他の人を立たせて

席を立ち、堂々と通路を歩いてるお年寄りがいてちょっとビックリしました。

NYもバンクーバーもあんまり聴衆の質は変わらないのかな。まぁ、都会だと

私のような観光客もいっぱい来てますしね。

そんな感じで、なんだか不完全燃焼に終わったサン・サーンスでした。

オペラがよかったので救われたな。



続く













[PR]

by pandakoaki | 2018-02-16 04:30 | アメリカ | Comments(2)