Berkeleyの旅②

次の日はお友達の旦那さんの方の運転でBerkeleyの大学街を案内してもらいました。

この日は女子寮の入寮日で新入生をたくさん見かけました。
b0221428_1415971.jpg

b0221428_1417239.jpg

若くて頭がよくてオマケに綺麗ときたらもう前途洋々ですね。羨ましい限りです。

それにしても個人の邸宅のような素敵な寮ばかり。これからの生活にワクワクですね〜。
b0221428_1421417.jpg

それからサンフランシスコが見渡せる高台へ。

ゴールデンゲートブリッジからサンフランシスコ、バークレーを見渡せる素晴らしい眺望。
b0221428_142557.jpg

それからは下に降りて、キャンパスを案内してもらいました。上はStudent Union。



b0221428_14282156.jpg

始まりはこの門から奥だけがキャンパスの敷地だったそうです。



今はもう大学自体が街って感じです。
b0221428_14302768.jpg

学生たちが何やら踊っていました。

とっても活気があって、そこにいるだけでたくさんエネルギーをもらえた気がします。

日本人の若者も頑張ってほしいなぁ。



さて、お昼はお家に戻ってクッキング。
b0221428_14341158.jpg

ピータンとチャイニーズヌードル。またまたお友達の旦那さん作。

私はピータンをカットしました。久々のピータン、おいしかったです。

ネギと生姜をのせて、ごま油とお醤油でいただきました。これがうまいっ!




で、午後はハウスハンティングの為、オープンハウスをハシゴして

お友達のお友達とカフェで待ち合わせ。

オープンハウス、なかなか面白かったです。値段はバンクーバーとそんなに変わらない感じ。

でも、お家は我が家のようなマッチ箱みたいなコンドではなく、低層階の木造アパート。

バケーションハウスのような開放的でキャラクターのある建物ばかり。

値段はかわいくないけど、内装がとてもかわいらしかったです。

ただ2ベッドルームでもバスルームがひとつのところがほとんどで、それが厳しいかなぁと。

で、70万ドルとかなのでね....。

っていうか、バケーションに来て一体私は何をやってるんでしょうか(笑)

でも、お家とか見るの好きなのでとっても興味深かったです。




イタリア生まれ、フランス育ちのお友達さん、少年がおじ様になってしまったような方でしたが

彼もお料理上手ということで、その夜は男性2人がお料理してくれました。

(この2人、献立決めるのにも一悶着、買い物するにもひと騒動。女性陣はただ放っておきましたー笑)
b0221428_14491953.jpg

お友達の旦那様作のポルトベロマッシュルームの肉詰めと、

b0221428_1451219.jpg

イタリアンのお友達作のアンチョビとペコリーノ・ロマーノのパスタ。うどんのような太いパスタ、

初めて食べました。おいしい!流石イタリア人、チーズにもこだわるのねと思ったら

なんのことはない、牛のチーズは食べないからっていうだけの理由でした(笑)



そして流石イタリア人、私のために特別なワインを持参してくれました。
b0221428_14555816.jpg

b0221428_14562992.jpg

'Oh, my goodness!!'とかって言って感動してみましたが、いかんせんワインのことは

よくわからないので豚に真珠でした。ごめんなさい。でも、香りがすごーくよかったです。

お料理しながらワインを飲んで、ワイワイおしゃべりして、おいしいご飯を食べるって正に大人の

バケーションだなぁ、って思った夜でした。

この日もお天気がよくて過ごしやすかったです。


続く
[PR]

# by pandakoaki | 2016-09-04 15:06 | アメリカ | Comments(6)

Berkeleyの旅 ① 8/27-30,'16

先週末、久々にバケーションに行きました。

実習も無事に終わり、頑張ったご褒美の旅。

場所はお友達ご夫婦が滞在しているバークレーです。

のんびりゆったりした大人の休日を楽しんできました。





バークレーはサンフランシスコから電車で30分くらいのところにある大学の街です。

全米でも5本の指に入るくらい優秀な大学、UC of CA, Berkeley校があります。

お友達ご夫婦はサバティカルで4月から半年間住んでいます。

空港からは電車で一本。すごく便利。

意外に肌寒くて、ブーツやコートを着ている人もいたので

ちょっとビビリながら電車、Bartに乗り込みました。片道9.50ドル。そんなに安くないです。
b0221428_5312422.jpg


そうして、大学のあるRockledgeの駅に着きました。

バスの料金が2.10ドルだったのだけど、10セント持ってないって言ったらオマケしてくれました。

でもね、降りたい通り名を運転手さんに伝えたので、てっきり降りるバス停で教えてくれると

思ったらすっかりスルーされて乗り過ごしたの。カナダだったら運転手さんがここだよって

教えてくれるんだけどね。ま、そこはアメリカだから私が甘かったね(笑)
b0221428_555489.jpg

街並みは古きよきアメリカって感じで、緑が多く、道の両側に商店街が並んでいて

駅から離れるに従って、素敵なおうちが立ち並んでいます。

お友達が借りているアパートも築100年のヘリテージハウスでした。
b0221428_582145.jpg

玄関のインターホンが壊れてたので、近所のカフェからスカイプしてお家に入れてもらいましたよ。

早速、今までの近況を語り合い、お散歩やお買い物に出掛けて、夕方は教会のミサに出て

久々に歌ってきました。そう、私たちは合唱仲間なのです。
b0221428_5174314.jpg

旦那様は日本人だけれど英語で喋る方が楽なので英語での会話のみ。なので、女2人になると

日本語で喋りまくりました(笑)あ、でも旦那様に英語が上手になったと褒めてもらいましたよ(笑)

夜はパスタとソテーしたLamb Kidneyを食べました。旦那様がお料理上手なのでほとんどお任せ。

私はトマトの湯むきや野菜を切るのをお手伝い。
b0221428_1444516.jpg

b0221428_520254.jpg

大変美味しゅうございました。

食後に珍しいイタリアのお酒を。アーティーチョークとハーブでできた消化を助けるお酒だそう。
b0221428_5224277.jpg

養命酒飲んだことないけど、似てるそうです。確かにお腹にいい感じ。

お二人とも食べることに情熱のある方々なので、改めて食の楽しさや大切さを思い出しました。

しかも、外食より自分で料理して食べることがお好きなので、お買い物から食べるまで

すべてのプロセスがすごく楽しい。大人の休暇の始まりです。


続く
[PR]

# by pandakoaki | 2016-09-04 05:29 | アメリカ | Comments(2)

ブルーベリーピッキング

実習も後半戦に入り、ペーパーワークが溜まってきているのですが

こうしてブログに逃避行してしまうぱんだこです...。

でも毎日楽しくていろんなことをやらせてもらっているので

もちろんたくさんの学びがあるし、自然が豊かな場所なので

私自身もすごくのびのび過ごせてます。

蚊が多いのが玉に瑕なのですがクラスにはデフューザーがあって

毎日レモングラスを炊いているのがまたいい匂いで癒されてます。






さて、今朝ファーマーズマーケットに行ったら、なんとブルーベリーは

もうシーズン終わりに近づいてるんですって。ちょっとショック。

例年こんなに早かったかな....と思うのですが、5月くらいが暑かったので

それで一気に果物や野菜が育ってしまったのでしょうか。

実は、先月知り合いがストロベリーピッキングに行きたいというのでお伴した日は、

ストロベリーが最後の日でした。







ピッキングに行く前に、ラドナーのファーマーズマーケットに寄りました。
b0221428_6512310.jpg

この日はお天気もよくすごい人でビックリ!

私はあまり買い物しなかったのですが、大好きなイングリッシュピーとひまわりを買いました。
b0221428_653485.jpg


噂のサーモンバーガーを食べて腹ごしらえしてから、いざEmma Lea Farmsへ。

懐かしくてかわいらしい橋を渡ると、
b0221428_6551160.jpg


のどかな田園風景。
b0221428_656525.jpg





お友達はやっぱりストロベリーピッキングにこだわっているので、

私はパフェを食べて待つことに。
b0221428_6595879.jpg


ところがどっこい、

友達が待てど暮らせどなかなか帰ってこないので

私も重い腰をあげました。

この日はお天気がよかったせいかものすごい人。

特にチャイニーズ系の方々でひしめき合っておりました。日本語もちらほら聞こえたけどね。

ストロベリーはほとんど終わりということで、

私はブルーベリー畑へ。入り口でバケツを買って、帰ってきたら取った分のお金を払います。
b0221428_735998.jpg

ブルーベリーってこんな風になるんだぁ。
b0221428_751451.jpg

欲張ってバケツいっぱい取ろうかと思いましたが、

重たくなってくるし料金は気になるしで(小心者)、8割がた一杯になったところで

終わりにしました。でも、12ドルくらいだったよ。

入り口に戻ってきたら、友達が心配して待ってました(笑)

携帯は?って聞いたら、車の中に置いてきたんだって。ありゃりゃ....。





帰ってきてから、ヨーグルトと早速いただきました。
b0221428_7113855.jpg

うーん、おいしい♡

来年もまた行きたいな。今度行くときは混む前の朝一で行くのがいいね。











おまけ

先日、お友達とMain St.で夕飯を食べてから、その辺の住宅街をお散歩していました。

そうしたら木の幹にかわいらしいものを発見。
b0221428_7143999.jpg


なんだろうと思って近寄ってみると、
b0221428_7153060.jpg

妖精のお家ですって。

こういう遊び心、いいな♪





やっといいお天気になりましたね。

皆さん、素晴らしい夏を満喫してください。

私の実習はあと2週間。頑張ってペーパーワークしなきゃ。
[PR]

# by pandakoaki | 2016-07-25 07:18 | おでかけ | Comments(8)

Mariko Ando Eching Print Exhibition

今月も色々ありました。

と言っても、大体は学校と仕事ですが。

今月始めに風邪をひいたのがずっと治らなくて、毎日鎮痛剤を手放せずにいました。

ようやくここ2、3日は薬を飲まずに過ごせています。

でも、+40からのマルチビタミンとビタミンCのサプリメントを飲み始めましたよ。

やっぱり効いているんでしょうかね。

これを飲み始めてから疲れのたまり具合がうんと楽になりました。

今月で学校の授業は終わりです、来月から5週間実習に行きます。

ようやっとここまで来ましたね。あともう少し。

実習、今から楽しみです。







さて、具合が悪いにもかかわらず

Vancouver Symphoney Orchestraの演奏会に3週連続で行きました。

(だから風邪が治らなかったともいう・・)

1回目はチャイコフスキーの6番。悲愴。

これはかなりよかったなぁ。ソロのチェロリストの演奏もよかったです。





2回目はマーラーでした。交響曲第5番、これまた副題が「悲劇的」。

この曲はあんまり私好みではありませんでした。

あまりにモダンすぎてちょっとね。





で、3回目はショスタコーヴィチの5番だったと思うんだけど、これが定かでなくて(笑)

でもすごいよかった。シーズンファイナルの演目でした。

そう考えると、ロシア音楽が好きなのかな。うーん、ロシアは文学も好きだなぁ。






最後の演奏会に行く前にこちらに行きました。
b0221428_12511534.png

お友達のMarikoちゃんの毎年恒例のソロ展覧会。

いやぁ、今年もよかったです。

作品の中にピアノがあるのがあったんだけど、それがすごくいいなって思いました。

こうして毎年楽しみにしてる展覧会があるっていいな、って思います。

また来年も元気で行けますように。







そういう訳で、あんまりお友達に会う機会がなかったのですが

これまた恒例の女子会があって、1年ぶりくらいにみんなで集まりました。
b0221428_12572899.jpg

で、いつもの先輩の作ったパイをご馳走になりました。

今回はチェリーだったんだけど、おいしかったぁ。






お天気が不安定なのでなかなかお散歩にもいけないんだけれど、

ちょこちょこ暇を見つけてはトレイルを歩くのがいい気分転換。
b0221428_1321835.jpg

近所のトレイルや、



b0221428_1332567.jpg

Barnet Marine Parkや、



b0221428_131628.jpg

はたまたUBCの方まで遠征しました。

b0221428_1352618.jpg

UBCの帰りに見つけた、Bonsai通り。いかにも日本な名前だね。





これからお天気がよくなるのかな。

宿題がある時に天気がいいと悔しいけど、学校終わったらいっぱい晴れて欲しいなぁ。
[PR]

# by pandakoaki | 2016-06-25 13:07 | お友達 | Comments(4)

Pianoちゃん、またまた来加!

毎日、いいお天気が続いて大変うれしい反面、

一体夏はどれくらい暑くなるんだろう・・・という心配をしてしまう今日この頃。

私のコンドは北向きなので涼しくて快適なのでいいのだけれど。

それにしても、携帯で天気をチェックすると

CoquitlamはVancouverよりいつも3,4度気温が高いのは何故なんだろう・・・。





さて、先月は毎土曜日が学校で本当にヘトヘトになりました。

そんな中、Pianoちゃんがまたバンクーバーを訪れてくれたことが何よりの癒しになりました。

あ、演奏会にも行ったけどね・・・。

シアトルからバスで来てくれたPianoちゃん、ウィークデーズの滞在だったので

先ずは仕事終わりにダウンタウンで待ち合わせ。

行ったのはRed Robinでした。
b0221428_8173684.jpg

いやぁ、ハンバーガーが食べたいというリクエストだったのだけれど、

どこに行っていいかわからなくて、ベタなところになってしまいましたよ。
b0221428_8192596.jpg

でも久々に食べたバーガー、おいしかったです。

欲を言えば、昔はもっと熱々でサーブされてたのですが今回はそうじゃなかったわ。

おやつを買って、Pianoちゃんの滞在していたホテルで12時くらいまでお喋りして帰りました。









そして次の日は、予約していたレストランへ。
b0221428_8223262.jpg

Queen Elizabeth ParkにあるSeasonsと言うレストラン。

一度行ってみたかったんだよね。
b0221428_8243333.jpg

お天気がよかったので外のパティオ席で。眺めもよくって最高!

入店した12時はガラガラでしたが、
b0221428_8261792.jpg


帰る頃には満員御礼でした。

なぜか食べたものの写真がなかったのですが(消したのか??)

クラブケーキとパスタを食べました。

クラブケーキは蟹肉がたくさん入っていておいしかったですがお高かったです。

パスタは普通においしかったですがちょっとしょっぱかったです。

まぁ、バンクーバーらしいです(笑)





その後はキッツビーチに行って、ベンチに座り長々とお喋りしていました。

で、この日は学校があったので5時前に出ようと車に向かったら、

車がない!!のです。

狐につままれたようで、しばしボーゼン。

で、落ち着け落ち着け!と自分に言い聞かせ、思考を巡らせて行き着いたのが

あ、レッカー移動された!!でした。

で、どこに連絡すればいいかわからなくて地元の人に聞いてみるも埒があかず、

またもや、落ち着け落ち着け!と自分に言い聞かせて周りを見たら、

レッカー移動の連絡先が書いてあるサインが。

電話して住所を聞いてすぐどの辺かわかったので、取り敢えずバスに乗ってダウンタウンまで行こうとバス停へ。

Pianoちゃんにはホテルの最寄駅ロブソンで降りてもらい、その場でさようなら。(ごめんね、Pianoちゃん)

で、私はバラードで降りてスカトレでサイエンスワールド駅へ。

そこから歩くこと7,8分のVeta5でお買い物(爆)

車がレッカー移動されてたのはそのお隣の場所でした。(だから場所を知ってたの)

モールでお買い物するようにマシンで支払いを済ませ、無事に車をゲット。

学校にも余裕で間に合いましたとさ。








次の日は生憎の雨だったので、久々にBaguette bistoroへPianoちゃんをお連れしました♪
b0221428_8415826.jpg

スモークサーモンのサンドイッチと、

b0221428_8432647.jpg

ハムのサンドイッチをシェアしました。

どちらも初めて食べたけど、おいしかったぁ。

で、Pianoちゃんがシアトルに戻るバスの時間までまだあったので

ちょっと珍しいかなと思い、メトロタウンへ行きました。

そこのフードコートでスタバの飲み物を飲みながらまたお喋り。

なんだかバタバタあっという間に過ぎてしまい、怒涛の三日間でした。

わざわざシアトルから来てくれてこんなのでよかったかな、といろいろ思いましたが

それも後の祭りで・・・。

でも、Pianoちゃんにバンクーバーで会うのはこれで2度目なので

なんだか近所に住んでる友達に久しぶりに会ったようなそんな感覚でした。

また遊びにきてくれるそうなので(笑)、今度はどこかに遠出できるといいな。


Pianoちゃん、ありがとう。また会おうね♪
[PR]

# by pandakoaki | 2016-05-08 08:55 | お友達 | Comments(4)