人気ブログランキング |

カテゴリ:演奏会( 12 )

Lang Lang ピアノコンサート

毎日、子どもの泣き声や叫び声を聞いて

雑然とした環境で過ごしていると、

なにかこう、心が落ち着くことを欲するんです。






今、日本に里帰り中のColzaさんがずっと前に、

「Lang Langっていうピアニストがバンクーバーに来るんですよ」

と言っていたのを思い出して調べてみると、11月4日。

慌ててチケットを取りました。10月の末だったのでほとんど売り切れ。
(これ間違いですー。9月の末でした~。ごめんなさい・・)

後ろから3列目の席でした。

(ま、元々高いチケット買う気はなかったのでいいんですけどね♪)










b0221428_1650544.jpg

(ウェブからお借りしました)
Lang Langさん(ちょっとホリエモン系!?)、

中国出身のピアニストですがウキィってみると

すごい方だということが判明。

チケット売り切れるのも納得でした。

5歳で瀋陽ピアノコンクールで優勝し、9歳で北京中央音楽院に入学。

北京オリンピックでも演奏していて、

あの映画、「のだめカンタービレ最終楽章」ののだめちゃんの演奏は

すべてLang Langさんのパフォーマンスだそうです。










今回も、場所はOrpheum Theatre。
b0221428_16393333.jpg


今夜はほんとに人・人・人。

場内はもちろん、満席でしたね~。

中国人も多かったけれど、カナダ人もたくさんいました。










Lang Langさん、バンクーバーの前はアメリカ、

そして日本も何箇所か廻って演奏会をしてきたみたい。

今回はベートーベンのピアノコンチェルト5番「皇帝」でした。

ベートーベンのピーコンの中では一番好きな曲です。
(というか、これしか知らないー笑)

前回生で聴いたのはもう20年くらい前。神戸だったなぁ・・。












さてさて、Lang Langさんの演奏、

聴いてすぐ、「のだめちゃんだぁ~♪♪♪」って思いましたよ
(ホントなんだよ!)。

本当に、タッチが軽くて聴いていて楽しくなる演奏。

軽いけど、薄っぺらな訳じゃないし、すごく優しい響きでした。

専門的なことはわからないけど、技術もすごい人なんだろうなって思います。

最初、VSO(Vancouver Symphony Orchestra)の演奏が

ちょっとしょぼく聴こえて応援したくなったほど。

でも、あのホールの音響のよさに助けられてたかな~。














いい演奏を聴いていると、α波が頭に沁み渡って行くのがわかるんですよ、

ほんと!

すっごく気持ちよかったです☆★




今回失敗したのは、連れて行ったうちの相方です。

b0221428_16374820.jpg


フー助はパンフレットのこの写真を見て、

「ハリーポッターみたい」

とか、



「リンリンはいつ出てくるんだ?」

とか(リンリンではなくランランなのにー笑)、



「こんなとこに来るのは、クールなパーティーには呼ばれない
オタクだけさ!」

とか(本人はパソコンオタクなくせに)、



いちいちチャチャを入れてくるので、本当にイラつきました

(最後までリンリンって言ってたし)。



やっぱり奴を連れて行ったのは間違いでした・・。

これからは絶対に連れて行くのをやめようと思います(爆)

by pandakoaki | 2011-11-05 17:04 | 演奏会 | Comments(17)

Last Night of The Proms

この方から演奏会のお誘いをいただいて行ってきました。

体調を見ながらでしたが、

「来られなかったら電話下されば大丈夫です」と。

なんて太っ腹なお方なんでしょう♪






プログラムは、Last Night of The Prom

b0221428_13193228.jpg


バンクーバーシンフォニーオーケストラの演奏。





なんの予習もしないで行きましたが、エルガーの「威風堂々」をやるのをチェックしていたので

楽しみにしていました。

それから、バンクーバーで合唱団が出演する演奏会は初めてだったのでそれもわくわくでした!

Vancouver Bach Choirです。






マエストロは話上手で、笑いをとりながらプログラムを進めて行きます。

それがカナダらしいなぁ、と思ってしまうのですが、如何せん100%理解できないのが残念です。

でも、楽しそうな雰囲気、そしてイギリスの歴史を織り交ぜながらの演奏は、

Walesにいた頃を懐かしく思い出させてくれました。

最初の曲、「O Canada」で、すでにうるうるきてしまっていたのですが、

「威風堂々」で涙が出てしまいました。

この曲ね、Cardiff大学の合唱団の練習で初めて歌った曲なんです。
(それまで歌詞があるって知らなかった!!)

それに、術後だったから涙もろかったのかな・・。

こういう華やかな場で音楽が聴ける幸せをじんわり感じました♪






合唱団の皆さん、平均年齢高そうでした(笑)

でも、きれいな声がよく響いていましたよ。

やっぱり体格が大きいと、声に厚みがでるのでしょうか。

それに当たり前だけど、発音きれいだし。






声楽をやるお友達が言っていましたが、湿気が低い所で歌う方が、高い所でより歌いやすいそうです。

たしかに、湿気があると声がくぐもって響くのですよね。

オブラートで包まれているような感じ?かな・・。

湿度の低いヨーロッパとか北米は、高音がきれいに響くと思います。

私もイギリスにいた時、寮のランドリー室でよく歌っていましたが

高音が楽に出るので上手くなったような気がして気分よく歌えました。

合唱、機会があったらやってみたいな・・。






今回、実はCecileさんには初めてお会いしたのですが、聡明でとっても素敵な方でした。

歩き方も颯爽としていてかっこいいので思わず、

「何か運動なさってるんですか?」と聞いてしまったくらいです。

オペラもお好きだそうなので、これからいろいろお話しできたらと楽しみにしています。

いい時間をありがとうございました☆★

by pandakoaki | 2011-06-11 13:27 | 演奏会 | Comments(8)